メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
水泳

世界選手権 東京には南北合同で 成報道官

 韓国・光州で開かれている水泳の世界選手権に北朝鮮は選手を派遣していない。1980年に民主化を求める市民と軍が衝突した「光州事件」が起きた、この地を舞台に「Dive into PEACE(平和の波の中へ)」を大会スローガンに掲げて参加を呼びかけたが実らなかった。

 北朝鮮は前回2017年ブダペスト大会に参加し、女子シンクロ高飛び込みで銀、混合シンクロ高飛び込みで銅メダルを獲得していた。今大会では、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が「南北が合同チームを結成することを期待する」と語り、水球での合同チーム結成も…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです