メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

友風、横綱初挑戦で金星 14場所で達成、最速タイ

鶴竜(右)をはたき込みで破る友風=兵藤公治撮影

 ◆13日目(19日・ドルフィンズアリーナ)

1敗 鶴竜、白鵬 2敗 照強

 ただ一人全勝だった鶴竜は、横綱初挑戦の平幕・友風のはたきに不覚を取り初黒星。友風は初土俵から14場所目での初金星で、幕下付け出しを除くと年6場所制になった1958年以降、84年秋場所で隆の里を破った小錦と並ぶ最速記録になった。横綱・白鵬は妙義龍を小手投げで降し、鶴竜と1敗で並んだ。平幕の照強は阿武咲を力強い押し相撲で破り2敗を守った。

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです