メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

友風、横綱初挑戦で金星 14場所で達成、最速タイ

鶴竜(右)をはたき込みで破る友風=兵藤公治撮影

 ◆13日目(19日・ドルフィンズアリーナ)

1敗 鶴竜、白鵬 2敗 照強

 ただ一人全勝だった鶴竜は、横綱初挑戦の平幕・友風のはたきに不覚を取り初黒星。友風は初土俵から14場所目での初金星で、幕下付け出しを除くと年6場所制になった1958年以降、84年秋場所で隆の里を破った小錦と並ぶ最速記録になった。横綱・白鵬は妙義龍を小手投げで降し、鶴竜と1敗で並んだ。平幕の照強は阿武咲を力強い押し相撲で破り2敗を守った。

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです