メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

藍色で涼、暑さ対策 ボランティアユニホーム

東京五輪・パラリンピックのボランティアらのユニホームが発表され、笑顔を見せる選考委員の香取慎吾さん(中央)。左がフィールドキャスト(大会ボランティア、スタッフ)用、右がシティキャスト(都市ボランティア)用=佐々木順一撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、ボランティアらが着用するユニホームのデザインを発表した。大会エンブレムと同じ「藍」を基調とし、ポロシャツには通気性の良い素材を使用するなど暑さ対策に配慮した。

 ポロシャツのデザインは、会場や選手村で活動する「大会ボランティア」(8万人)らは藍色…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです