メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

優勝者の略歴

幕下(7戦全勝)

 千代ノ皇(ちよのおう=本名・基王代仁)西41枚目、鹿児島県与論町出身、九重部屋。沖縄・中部農林高から2010年春場所初土俵。13年夏場所新十両。17年初場所新入幕。今年の初場所から幕下に落ちていた。得意は右四つ、寄り。179センチ、146キロ。28歳。

序二段(7戦全勝)

 時栄(ときさかえ=本名・冨栄秀喜)西4…

この記事は有料記事です。

残り67文字(全文231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです