メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
水泳

世界選手権 三上、五輪内定 3メートル板飛び込み

 水泳の世界選手権第8日は19日、韓国・光州などで行われ、女子3メートル板飛び込み決勝で18歳の三上紗也可(米子DC)が323・05点の5位に入った。順位が確定し、東京五輪代表に内定した。

 アーティスティックスイミング(AS)のチーム・フリールーティン(FR)決勝で日本(乾、吉田、福村、木島、京極、塚本、柳沢、安永)は93・3667点の4位で2大会ぶりのメダルを逃した。非五輪種目の混合デュエットFR予選は安部篤史、足立夢実組(楓心舘ク)が89・8000点の3位で20日の決勝へ進んだ。

 水球男子1次リーグD組で日本はブラジルに11-9で勝ち、1勝1分け1敗で同組3位となり、2大会連続…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1703文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです