市民団体が候補者に#子育て政策聞いてみた アンケート実施の狙いは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
みらい子育て全国ネットワークがまとめたアンケート結果のページ。候補者別の回答を読むことができる=同ネットワークのウェブサイトから
みらい子育て全国ネットワークがまとめたアンケート結果のページ。候補者別の回答を読むことができる=同ネットワークのウェブサイトから

 21日の参院選を前に、「子育て政策」に限った候補者アンケートを市民団体が実施し、結果をホームページで公表している。なぜ子育てに特化した候補者アンケートを実施したのか、3児の母親でもある代表に尋ねた。【今村茜/統合デジタル取材センター】

 調査を実施したのは、子育て中の親らで組織する市民団体「みらい子育て全国ネットワーク(みらこ)」。待機児童の解消や、男性の育児休業取得推進などに取り組んでいる。

 設問は、幼児教育・保育の無償化、待機児童解消などに関する計11問。保育士不足の解消策や子供の貧困対策、産前・産後の支援などのうち重視するものを選択肢で問うたり、男性の育休取得を企業に義務化させることへの賛否などを尋ねたりしている。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文767文字)

あわせて読みたい