メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン、英タンカー拿捕 ホルムズ海峡緊張さらに

イランに拿捕されたとみられるタンカー=AP

 複数の英メディアは19日、中東ホルムズ海峡で2隻の外国籍タンカーがイランに拿捕されたと報じた。BBCによると、1隻は英国船籍で、別の1隻はリベリア船籍だが英国の会社が所有している。ハント英外相は2隻が拿捕されたことを「容認できない」としてイランを非難し、政府の緊急対策会議を開いて対応を検討すると明らかにした。英米とイランとの緊張が一層高まるのは必至だ。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、イランの精鋭軍事組織である革命防衛隊は英船籍のタンカーの拿捕を認めた上で、タンカーが「国際海事の規則などを順守していなかった」ことを理由に挙げている。一方でイラン・メディアは、リベリア船籍とみられるタンカーは既に解放されたと報じているという。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです