メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

続く神経戦 緊張ホルムズ海峡 イラン、米政権と交渉模索 米、包囲網

イランに拿捕されたとみられるタンカー=AP

 核合意からの逸脱などで米欧との緊張が高まる中、イランは19日、ホルムズ海峡で国際的な航行規則に違反したとして英国のタンカーを拿捕(だほ)した。米国は同日、航行の安全を図るため有志連合による「センチネル(番人)作戦」を策定していることを公表。イランは各国に有志連合への不参加を促す一方で、対話を拒否してきたトランプ政権との交渉も模索する硬軟織り交ぜた動きを見せており、今後も神経戦が続きそうだ。【カイロ篠田航一、ロンドン服部正法、ワシントン高本耕太】

この記事は有料記事です。

残り2426文字(全文2651文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです