メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続く神経戦 緊張ホルムズ海峡 イラン、米政権と交渉模索 米、包囲網

イランに拿捕されたとみられるタンカー=AP

 核合意からの逸脱などで米欧との緊張が高まる中、イランは19日、ホルムズ海峡で国際的な航行規則に違反したとして英国のタンカーを拿捕(だほ)した。米国は同日、航行の安全を図るため有志連合による「センチネル(番人)作戦」を策定していることを公表。イランは各国に有志連合への不参加を促す一方で、対話を拒否してきたトランプ政権との交渉も模索する硬軟織り交ぜた動きを見せており、今後も神経戦が続きそうだ。【カイロ篠田航一、ロンドン服部正法、ワシントン高本耕太】

この記事は有料記事です。

残り2426文字(全文2651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです