100歳の登山電車ラストラン 箱根登山鉄道「モハ1形」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
出発式を終え、箱根湯本駅にラストランする「モハ1形」=強羅駅で2019年7月19日午後3時17分、澤晴夫撮影
出発式を終え、箱根湯本駅にラストランする「モハ1形」=強羅駅で2019年7月19日午後3時17分、澤晴夫撮影

 大正から令和の四つの時代を走り続けた箱根登山鉄道の「モハ1形(103・107編成)」のラストランとなる出発式が19日、箱根町の強羅駅であった。

 1919(大正8)年に登場。車体を木製から鋼鉄に姿を変えながら、100年間運行されてきた。103、107の固定編成は走行時に独特のうなり音を上げる「吊(つ)り掛…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

注目の特集