メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

はぐれた子ザル「ハル」を市民公園に寄贈 拾った男性育て1年

中辻吉紀さんに抱かれご機嫌の「ハル」=鳥羽市の市民の森公園・動物舎で2019年7月18日午後4時1分、林一茂撮影

 三重県鳥羽市大明東町の市民の森公園・動物舎に18日、ニホンザルの子ども(オス、推定1歳)が寄贈された。人懐っこい性格で、訪れた子どもたちに愛嬌(あいきょう)を振りまき人気者となっている。

 「ハル」と名付けられた小ザルは、体重約2・5キロ、体長約40センチ。松阪市井口中町の会社員でハンターの中辻吉紀さん(49)が昨年6月、狩りに向か…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです