特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

支え合う「移民時代」

現実に即した移民政策を 移住連理事長・鳥井一平さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」の鳥井一平代表理事=東京都台東区で7月9日、和田浩明撮影
NPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」の鳥井一平代表理事=東京都台東区で7月9日、和田浩明撮影

 安倍政権は4月、外国人労働者の受け入れ拡大に踏み切ったが、技能実習生や留学生を安価な労働力として酷使する体制は残っている。現状改善にどう取り組むべきか。外国人労働者を長年支援してきたNPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」(移住連)の鳥井一平代表理事(65)は「移民の存在を認め、現実に即した政策をとるべきだ」と強調した。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2942文字(全文3126文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集