メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモンGOの衝撃

「ポケGO婚」カップルも 日本配信3年 連載「ポケモンGOの衝撃」

©2016–2019 Niantic, Inc. ©2016–2019 Pokémon. ©1995–2019 Nintendo/Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

[PR]

 日本では結婚するカップルが減り続けています。原因は人口減だけではありません。

 国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、これまで、大半の夫婦は職場や学校、友人を通じて出会ってきましたが、よい相手と出会えていないと思う人が近年は増えているのです。

 そんな中、位置情報を利用したスマホゲーム「ポケモンGO」(ポケGO)のおかげで、従来は考えられなかった出会いをした夫婦がいます。

 昨年結婚した「しぶ」さん(31)と「りりー」さん(27)。きっかけは、たまたま同じ日に東京・お台場でポケモンを探したことでした。

 結婚式場にはウエディングドレスを着た「ピカチュウ」の人形が並び、新婦のドレスはピカチュウにちなんだ黄色、新郎のベストは「イーブイ」にちなんだ茶色でした。

 ポケGOが取り持つ人間関係は世界に広がります。新婚旅行先のドバイでは、現地のポケGO仲間が観光案内をしてくれました。

 そして今、ポケGOが縁で結婚するカップルは増えているようです。2人には毎月、多い時は3件ほどポケモンをテーマにした結婚式についての問い合わせが来るといいます。「ポケGOは生活をより豊かにしてくれる」としぶさんは話しています。【待鳥航志/統合デジタル取材センター】

連載「ポケモンGOの衝撃 日本配信から3年」

 ポケGOの日本配信から7月22日で3年。日本中に大ブームを巻き起こしたこのゲームは、新しい人間関係を生んだり、大きな経済効果を生んだりする一方で、「ながらスマホ」による死亡事故など深刻な問題も引き起こしました。

 従来のゲームのイメージを塗り替え、社会に衝撃を与えた「歩くエンターテインメント」の今と未来を見つめる連載「ポケモンGOの衝撃 日本配信から3年」。以下のリンクからお読みいただけます。

連載全5回トップ ポケモンGOの衝撃 日本配信から3年

待鳥航志

1990年埼玉県生まれ。早稲田大大学院政治学研究科修士課程(ジャーナリズムコース)修了。2015年入社。高松、姫路の2支局を経て、19年5月から統合デジタル取材センター記者。関心分野はインターネットの文化や思潮、生活史、過疎地域など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです