メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横綱・鶴竜、再び優勝争いトップに 白鵬2敗に後退 大相撲名古屋場所

御嶽海(右)を寄り切りで降した鶴竜=ドルフィンズアリーナで2019年7月20日、大西岳彦撮影

 横綱・鶴竜が再び優勝争いのトップに立った。1敗の鶴竜は万全の寄りで関脇・御嶽海を降した。横綱・白鵬は元大関・琴奨菊の一気の寄りに土俵を割り2敗に後退。千秋楽の直接対決で鶴竜が勝てば昨年の夏場所以来6回目の優勝が決まる。白鵬が勝てば鶴竜との優勝決定戦になる。

 2敗で追っていた幕尻の照強は前頭筆頭・北…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです