メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横綱・鶴竜、再び優勝争いトップに 白鵬2敗に後退 大相撲名古屋場所

御嶽海(右)を寄り切りで降した鶴竜=ドルフィンズアリーナで2019年7月20日、大西岳彦撮影

 横綱・鶴竜が再び優勝争いのトップに立った。1敗の鶴竜は万全の寄りで関脇・御嶽海を降した。横綱・白鵬は元大関・琴奨菊の一気の寄りに土俵を割り2敗に後退。千秋楽の直接対決で鶴竜が勝てば昨年の夏場所以来6回目の優勝が決まる。白鵬が勝てば鶴竜との優勝決定戦になる。

 2敗で追っていた幕尻の照強は前頭筆頭・北…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです