メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

勝ち越しもぎ取った新「業師」 豪快な寄りで4日ぶり白星

妙義龍(右)を寄り切りで破った炎鵬=ドルフィンズアリーナで2019年7月20日、大西岳彦撮影

 大相撲名古屋場所14日目の20日、関取最軽量99キロの炎鵬は元関脇・妙義龍を寄り切り、幕内2場所目で初の勝ち越しを決めた。

 「あせりというか、硬くなっていた」という立ち合いは、2度突っかけて不成立となったが、気後れすることはなかった。3度目の立ち合いは低く頭で当たり、妙義龍に首をきめられそうになりながらも、双差しに。豪快な寄りで4日ぶりの白星をつかんだ。技能賞5回の妙義龍のお株を奪…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです