メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴竜、意地見せる 白鵬なすすべなく 千秋楽対決へ 大相撲名古屋場所

御嶽海(右)を寄り切りで降した鶴竜=ドルフィンズアリーナで2019年7月20日、大西岳彦撮影

大相撲名古屋場所14日目(20日・ドルフィンズアリーナ)

 両横綱の明暗が分かれた。鶴竜が難敵を退けた直後、白鵬があえなく黒星。再び鶴竜が一歩リードし、千秋楽の横綱対決に優勝を懸けることになった。

 意地がにじみ出ていたのは鶴竜だった。過去の対戦成績が6勝5敗とほぼ五分の御嶽海に頭で当たり、のど輪をこらえて右を差し、寄り切った。

 鶴竜は「昨日の反省を生かし、しっかり相手を見ていこうと思った」。初めて初日から12連勝しながら、1…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、両腕かまれ軽傷 滋賀

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです