メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

ますます学生のために 学生情報センター 吉浦勝博社長インタビュー

学生情報センターの吉浦勝博社長

[PR]

 「学生支援を通じて微力ながら福岡での使命に尽力できれば」

     学生マンションの開発、募集、管理運営をする学生情報センター(ナジック、本社・京都市)の吉浦勝博社長(59)は、「留学生を含め、学生生活をトータルに支援したい」と話す。

     43年前に創業、仙台から福岡まで全国11都府県で事業を展開している。2003年開設の福岡支社では現在3250室を管理する。アジアの玄関口である福岡は、留学生を含めた学生数が全国的にも多い。特に九州大のキャンパス移転完了で「今後さらに賃貸物件のニーズが高まる」と更なる開発を進めている。また、キャリア支援でも、全国初の事業である福岡市の奨学金付き留学生インターンシップの運営も担う。

     前職の東急ハンズ時代から九州での縁も深く、災害が続いた九州への思いは人一倍熱い。「福岡でも『ますます学生のために』をモットーに全社挙げて努力していきたい」

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

    2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

    3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

    4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

    5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです