メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

細胞培養肉のステーキを開発、イスラエル企業が商品化目指す

 7月16日、イスラエルの新興企業が世界で初めて細胞培養によるステーキ肉の生産に成功したと発表した。この会社は、2021年までの商品化に向けて、取り扱いする世界中の高級レストランと交渉中だという。写真は6月26日、イスラエルの同社オフィスにて撮影(2019年 ロイター/Amir Cohen)

[PR]

 [16日 ロイター] - じゅうじゅうと音を立てて、香ばしい香りがするこのお肉――。実はイスラエルの新興企業が開発した人工肉だ。細胞培養でステーキ肉を生産したのは世界でも初めてだという。

     この会社は、2021年までの商品化に向けて、取り扱いする世界中の高級レストランと交渉中だという。

     「牛を殺すことなく少量の細胞を取り出し、より多くの細胞を得るための基礎とする」と、開発したアレフ・ファームズのネタ・ラボン氏は説明する。「これらの細胞からステーキ肉を構成する様々な種類の細胞が作られる。」

     人工ステーキ肉は、さまざまな筋肉、組織、脂肪および血管細胞が特定の比率で組み合わされ、立体的な骨組みの上で培養される。こうすることによって形や味、質感が本物の肉に近づくのだという。

     ラボン氏は、一般的な商業用食肉よりも倫理的かつ持続可能で、健康面でも優れていると話す。「人工肉製造は密閉容器の中で行われるので、汚染の心配はない。そのため抗生物質は一切使わない。」

     さらに「私たちに大切な栄養素を人工肉に加えることや、ある栄養素が足りない人々に対し、特注生産に対応することもできる」と述べ、開発の成果を強調した。

     同社はまず、相場50ドル(約5400円)ほどの薄切りステーキ市場に進出したい考えだ。その値段を大幅に下げて、本物の肉に対抗するという。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

    2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

    3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

    4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです