メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大谷&大坂の「夢コラボ」実現! 25日ドジャースVSエンゼルス戦で始球式

[PR]

 ドジャースは18日(日本時間19日)、女子テニスでシングルス世界ランク2位の大坂なおみが24日(同25日)の本拠でのエンゼルス戦で始球式を行うと発表した。エ軍・大谷とド軍・前田が顔をそろえる、ロサンゼルスに本拠を置く両軍の「フリーウエー・シリーズ」で夢コラボが実現する。

     同日は「ジャパン・ナイト」と銘打たれ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使で国内外で活躍する人気ギタリストのMIYAVI(37)も試合前にパフォーマンスを披露する。ナ・リーグのド軍主催試合でDH制がなく、大谷は代打待機の見込み。23日(同24日)の同戦で先発予定の前田はベンチから声援を送るが、スキルの高さから代打や代走で起用されることもあり、出番もあるかもしれない。

     大谷と大坂。競技は違えど同世代のアスリートとして互いに意識する存在だった。昨年9月、大谷は大坂の全米オープン制覇をクラブハウスのテレビで観戦し「感動しました。長い歴史の中でできなかったことを達成した。凄く刺激をもらった」と話していた。

     オフの報道写真展イベントに出席した際も大坂らの写真を見て「野球という分野で、より高い位置に自分がいけるように」と発奮した。一方の大坂も、昨年11月のイベントで錦織圭と対談した際に、好みの異性のタイプを告白し合い、「顔だけね」と前置きした上で「大谷」とささやくように答えた。

     日本を代表するアスリートの夢コラボ。ファンも大いに盛り上がりそうだ。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

    2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

    4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    5. リーチ主将「とても感動した」 開幕戦勝利の日本代表が一夜明け会見 ラグビーW杯

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです