メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

小菅優(C)Marco Borggreve

[PR]

橘直貴(C)Wataru Sato
ブリッツ フィルハーモニック ウインズ=逗子文化プラザホール提供
テアトロ・ムジーク・インプロヴィーゾ(C)泉山朗土

プレゼント

 ■アルゼンチン・タンゴ コンサート ~世界のタンゴ~

     8月2日13時半、横浜みなとみらいホール大ホール(横浜市、みなとみらい駅)。日本では珍しいバンドネオン奏者6人を含む大編成タンゴバンド「西塔祐三とグランオルケスタ・ティピカ・パンパ」らが、アルゼンチン・タンゴの名曲を披露する。キレと迫力のある演奏が見どころで、曲目は「パリのカナロ」と「エル・チョクロ」ほか。全席指定5000円。未就学児の入場不可▼ペア招待券を10人に。往復はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、〒107-0052港区赤坂9の1の7の703、インターナショナル・カルチャー毎日係。7月25日必着。提供元が抽選、郵送。個人情報は商品発送のみに利用。落選者には同公演の優待券を発送する。03・3402・2171

     ■第48回サントリー音楽賞受賞記念コンサート<ピアノ:小菅優>

     8月2日19時、サントリーホール大ホール(港区、六本木一丁目駅)。ピアニストの小菅優は第48回(2016年度)サントリー音楽賞を受賞。ベートーベンのソナタ全32曲を5年がかりで録音するなど「求道的ともいえる姿勢」が評価された。曲目は、藤倉大「WHIM」とベートーベン「ピアノ・ソナタ第21番ハ長調」ほか。全席指定S席5000円、A席4000円、B席3000円、P席2000円。未就学児の入場不可。0570・55・0017

     ■夏休みファミリー・オーケストラ・コンサート<ウィーン&ザルツブルク、音楽の都へようこそ!>

     8月3日11時(3歳から未就学児向け)と14時半(小学生以上向け)、フィリアホール(横浜市、青葉台駅)。指揮者の橘直貴と慶応義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラが贈るコンサート。オーストリアのウィーンやザルツブルクにゆかりのある作曲家たちの作品を演奏する。交響曲の仕組みや楽器の紹介、指揮者体験コーナーもある。曲目はモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」序曲ほか。全席指定1500円、小学生以下1000円(3歳以上入場可、チケット必要)。045・982・9999(11~18時)

     ■0才からのコンサート こどもブリッツ ~小さな小さな吹奏楽~

     8月4日11時、逗子文化プラザ なぎさホール(逗子市、逗子駅)。指揮=松元宏康、演奏=ブリッツ フィルハーモニック ウインズ。12人の演奏家が奏でる親子連れ向けのコンサート。演奏中の出入り自由。指揮者体験コーナーもある。曲目は、「さんぽ」と「サウンド・オブ・ミュージック」ほか。全席指定大人(中学生以上)1000円、子供(0歳から小学生)500円。046・870・6622

     ■テアトロ・ムジーク・インプロヴィーゾ「うつくしいまち」

     8月4日14時、彩の国さいたま芸術劇場小ホール(さいたま市、与野本町駅)。テアトロ・ムジーク・インプロヴィーゾは、イタリアで演出家や美術作家として活躍するダリオ・モレッティと音楽家の野村誠、やぶくみこによるユニット。ピアノや打楽器などを演奏しながら、ダリオ・モレッティの描く絵がスクリーン上に映し出されるという音楽と美術を融合したライブパフォーマンスが繰り広げられる。全席指定大人2500円、子供(3~12歳)1000円。3歳未満入場不可。0570・064・939

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

    2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

    3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

    4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

    5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです