メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代ハス

淡紅色の大輪優雅 新潟などで見ごろ /新潟

 梅雨明けを待たずに新潟市や十日町市で「二千年ハス」「大賀ハス」とも呼ばれる古代ハスが咲きそろった。新潟市西区山田の雪梁舎美術館では、上越教育大から移植された古代ハスが淡紅色の優雅な大輪を咲かせた=写真・日報連会員の池田友好さん撮影。早朝からアマチュアカメラマンや美術館の来館者が見とれている。

 古代ハスは1951年、植物学者の大賀一…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです