メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PTAあり方検討会

課題を議論 モデルを提示 川西で初会合 /兵庫

PTAの運営を巡り、さまざまな意見が出た検討会初会合=兵庫県川西市火打1のキセラ川西プラザで、土居和弘撮影

 川西市教育委員会は20日、有識者や保護者、教員らからなる「PTAあり方検討会」を設置し、市内で初会合を開いた。PTAを巡っては役員の押し付けや活動への半強制的な参加要請など運営のあり方が保護者の悩みになっているとされる。検討会は2年かけて議論し、誰もが参加しやすく、活動継続が可能なモデルをまとめ、提示する。

 県PTA協議会によると、PTAは県内の公立小中学校(神戸市を除く)では組織率がほぼ100%。しかし…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 社説 抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです