メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

橋本市立隅田小 ゴマ栽培し豆腐作り 作業体験通じ地域学ぶ /和歌山

給食の時間に自分たちで作った胡麻豆腐を手にする児童たち=和歌山県橋本市の市立隅田小学校で、松野和生撮影

 橋本市立隅田小学校(西岡豊人校長)では地域学習のテーマとして、4年生57人が胡麻(ごま)豆腐の原料となるゴマの栽培に取り組んでいる。

 橋本市では、近隣にある高野山(高野町)にちなみ、精進料理に使う野菜の産地化を進めている。高野山名物の胡麻豆腐を作るゴマ栽培は2016年度、3農家と協力して約20アールで始まった。初年度に収穫した70キロは取扱業者に販売し、農家の収益にも結び付いた。

 農機具メーカーなどのサポートも受けて19年度は7農家が参加し、栽培面積は約40アールに拡大。5年後…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 患者の少女にキス 医師を強制わいせつ容疑で逮捕 警視庁

  2. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  3. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  4. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです