メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
参院選・やまぐち2019

4氏、最後の訴え 論戦かみ合わないまま きょう投票 /山口

 第25回参院選は21日、投開票される。山口選挙区(改選数1)には、自民現職で元文科相の林芳正氏(58)=公明推薦▽無所属新人で元朝日新聞社員の竹本秀之氏(63)▽新人で幸福実現党県代表の河井美和子氏(56)▽国民民主新人で党県副代表の大内一也氏(45)=立憲民主、共産、社民など支持--の4氏が立候補しており、20日は各地で最後の訴えを続けた。安倍政権が進める憲法改正や、地方の人口減少・少子高齢化対策、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画などが争点として注目されたが、候補が遊説であまり触れないテーマもあり、論戦はかみ合わないままだった。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文696文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

  3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです