七夕展

書の和光塾、苅田町立図書館で きょうまで /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 行橋・京都地区で書を指導する和光塾(高田幽玄塾長)の「第36回和光七夕展」(毎日新聞社など後援)が苅田町立図書館展示コーナーで開かれている。21日まで。

 同塾の9支部で学ぶ児童・生徒55人が七夕にちなんだ「ほし」や「宇宙の旅」などの規定課題と自由課題にそれぞれ55点を出品。この他に一般27人の作品を展示している。

 毎日書道展審査会員(近代詩文書)でもある高田塾長(70)は「生命力ある生き生きした子供たちの作品を見てほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文427文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集