参院選

きょう投開票 改憲、3分の2焦点 野党共闘、効果は

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院選の投開票日を前に立候補者や政党幹部の演説に耳を傾ける大勢の人たち=東京都千代田区で2019年7月20日午後7時16分、佐々木順一撮影
参院選の投開票日を前に立候補者や政党幹部の演説に耳を傾ける大勢の人たち=東京都千代田区で2019年7月20日午後7時16分、佐々木順一撮影

 第25回参院選の投票が21日に行われ、即日開票される。17日間の選挙期間中、安倍晋三首相(自民党総裁)は憲法改正の議論進展を訴えてきた。焦点は、改憲発議に必要な参院定数(245)の「3分の2」の164議席を、改憲に前向きな勢力で維持できるかだ。全国に32カ所ある改選数1の「1人区」では、立憲民主、国民民主、共産など野党5党派が統一候補を擁立しており、野党共闘の成果も問われる。【野口武則】

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文955文字)

あわせて読みたい