メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

タイムラインの伝道師(その1) 事前防災で「命救う」

近年の豪雨災害の増加を踏まえて、タイムラインの必要性を説く東京大大学院客員教授の松尾一郎さん=長崎県諫早市で2019年6月3日、森園道子撮影

 梅雨を前にした6月3日夜。長崎県諫早(いさはや)市の栄町公民館に、町内会長ら住民24人が集まった。近くを流れる1級河川・本明(ほんみょう)川の氾濫に備え、町内会向けのタイムライン(事前防災行動計画)を作る検討会が開かれた。

 「重要なのは地域で危機感を共有すること。タイムラインを活用して命を守る取り組みにつなげたい」。東京大大学院の客員教授でNPO法人「CeMI 環境・防災研究所」(東京都)の副所長を務める松尾一郎さん(63)=千葉市=が、熱く語りかけた。

 タイムラインは、関係者があらかじめ議論を重ね「いつ」「誰(どこの機関)が」「何をするのか」を決めて…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです