特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

今週のおすすめ紙面 移民助けたフランスの「友愛」/Moment 検証・五輪1年前/どうなる日韓関係

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆ストーリー

移民助けたフランスの「友愛」 28日・日曜日 1面、ストーリー面

 仏伊国境の村で農業を営むフランス人、セドリック・エローさん(40)は、過去5年間に約2500人の移民を手助けし、2017年に不法移民をほう助した罪で有罪判決を受けました。しかし、エローさんはフランスの国是の一つ「友愛」による行為だと法廷で闘い、憲法評議会は18年、その訴えを認めました。今もフランスに根付く「友愛」精神に迫ります。

Moment 検証・五輪1年前 24日・水曜日から 1、3面など

 開幕まで1年となる東京五輪の理念の実践や準備状況、社会の受け入れ態勢を6回に分けて検証。初回は、アーチェリーのイラン女子代表として東京五輪とパラリンピック双方での出場を目指す車いすのザハラ・ネマティ選手(34)を紹介し、大会ビジョンの一つである「多様性」の今を伝えます。検証課題は、混雑▽暑さ▽警備▽多言語対応▽会場後利用--と続きます。

 ◆論点

どうなる日韓関係 24日・水曜日 オピニオン面

 韓国に対する日本政府の輸出規制強化が両国の対立に拍車をかけています。解決済みとされてきた徴用工問題で、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じ、適切な対応をとらなかった韓国政府への事実上の対抗措置とみられています。韓国政府は日本が求めた仲裁委員会の設置に応じませんでした。出口の見えない非難の応酬はいったいどこへ向かうのでしょうか。


 掲載日や内容は変更することがあります。

あわせて読みたい

注目の特集