メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブレグジット考

「欧州人」の意識、築けず ポピュリズム、戦争の危険はない 歴史家 イアン・カーショー氏

EUから離脱するのは「非合理的だ」と主張する歴史家のイアン・カーショー氏

 ◆私が国民投票で欧州連合(EU)残留に投じた理由は明白で、(英国は)今日まで約45年間、EUあるいはその前身の国際機関に加わることで、国として恩恵を受けてきたからだ。我々の経済の強さも欧州経済と密接に結びついてきた。今EUから離脱し、不確かな未来を選ぶのは非合理的だと思う。

 <イアン・カーショー氏はヒトラー研究の世界的権威として知られるドイツ近現代史研究者。シェフィールド大名誉教授で英国学士院フェロー>

 ◆多数の人が離脱に投じたのには大きく二つの理由がある。まずEU内からの移民流入を鈍化させたい、止め…

この記事は有料記事です。

残り1568文字(全文1822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです