メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

イスラエル ソーダストリーム社 共に働く「平和の島」 民族、宗教超えた平等原則

ソーダストリーム社の主力工場の製造ライン。ベドウィン女性やユダヤ人が並んで働いている

 さまざまな民族や宗派が激しく対立し、緊迫の度を増す中東で、「多民族、多宗教の人々が平等に働ける工場」という理念を掲げ成長を続けるイスラエル企業がある。家庭用の炭酸水製造器の世界首位メーカー「ソーダストリーム」だ。

 商都テルアビブから南のネゲブ砂漠へ車で1時間強走ると、砂漠北部に位置するラハトの町の幹線道路沿いに真新しい工場が現れた。敷地面積8万6000平方メートル。全世界向けに1日2万8000台の炭酸水製造器を生産するソーダ社の主力工場だ。

この記事は有料記事です。

残り1569文字(全文1792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです