メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 山本四段 猛攻しのぎ勝利 三間飛車の戦法極める

山本博志四段

 <第78期順位戦C級2組 山本博志四段VS井出隼平四段>

 今回は山本博志新四段(22)を紹介しよう。東京都江東区出身で、小学1年で将棋を覚え、道場などに通って強くなる。同じ区に住む小倉久史七段に弟子入りし、11歳で奨励会入り。元々振り飛車党だったが、小倉の得意戦法の三間飛車に憧れ、指すようになる。奨励会では2度も降級して苦戦したが、師匠の励ましもあって19歳で三段に。だが三段リーグでも苦しんだ。藤井聡太現七段に勝つなど三間飛車は通用していたが、昇級争いにはなかなか加われない。しかし地道な研究を重ねて実力を蓄え、小倉と三間飛車の共著を出すほど極めた。そして三段リーグ6期目にして13勝5敗の成績で2018年10月に四段昇段を果たした。

 指すのは三間飛車のみ。トマホークや石田流など多彩な攻撃と、終盤の粘り強さが持ち味だ。

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1367文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです