メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『思いつきで世界は進む』=橋本治・著

 (ちくま新書・842円)

低い姿勢で時代と対峙し解析

 今年1月に長逝した橋本治の遺著のひとつをここに紹介したい。筑摩書房のPR誌『ちくま』に2014年7月号から連載された50本分の時評集だ。

 新書の見開き4頁(ページ)でひとつのテーマを論じた本書を、200冊超といわれる橋本の作品群からあえて推すのはどうよ、と冥界の著者から叱られそうだが、同時代的に橋本治体験をしてこなかった人々にとって、新書から入るのは悪くないはず。橋本の名を一躍有名にした1968年の東大駒場祭ポスター、「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこへ行く」の文字列に、いなせな博徒の半身を配した絵柄を、世の中、すぐに想起できる人だけではないからだ。

 本書が対象とする時期は、安倍晋三内閣のもとで集団的自衛権の解釈改憲がなされた2015年、また、本来…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです