メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『思いつきで世界は進む』=橋本治・著

 (ちくま新書・842円)

低い姿勢で時代と対峙し解析

 今年1月に長逝した橋本治の遺著のひとつをここに紹介したい。筑摩書房のPR誌『ちくま』に2014年7月号から連載された50本分の時評集だ。

 新書の見開き4頁(ページ)でひとつのテーマを論じた本書を、200冊超といわれる橋本の作品群からあえて推すのはどうよ、と冥界の著者から叱られそうだが、同時代的に橋本治体験をしてこなかった人々にとって、新書から入るのは悪くないはず。橋本の名を一躍有名にした1968年の東大駒場祭ポスター、「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこへ行く」の文字列に、いなせな博徒の半身を配した絵柄を、世の中、すぐに想起できる人だけではないからだ。

 本書が対象とする時期は、安倍晋三内閣のもとで集団的自衛権の解釈改憲がなされた2015年、また、本来であれば政権が倒れておかしくなかった森友・加計学園問題が起きた2017年を含む。ならば、いかなる批評が展開されたのかと勇んで読めば、そこは橋本、床屋談義や居酒屋政談とは無縁の文章が綴(つづ)られている。自ら「遠い地平を俯瞰(ふかん)的に眺めて、想像力だけを地に下ろし」低い姿勢で時代に対したと述べてい…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです