特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

加藤陽子・評 『思いつきで世界は進む』=橋本治・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (ちくま新書・842円)

低い姿勢で時代と対峙し解析

 今年1月に長逝した橋本治の遺著のひとつをここに紹介したい。筑摩書房のPR誌『ちくま』に2014年7月号から連載された50本分の時評集だ。

 新書の見開き4頁(ページ)でひとつのテーマを論じた本書を、200冊超といわれる橋本の作品群からあえて推すのはどうよ、と冥界の著者から叱られそうだが、同時代的に橋本治体験をしてこなかった人々にとって、新書から入るのは悪くないはず。橋本の名を一躍有名にした1968年の東大駒場祭ポスター、「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこへ行く」の文字列に、いなせな博徒の半身を配した絵柄を、世の中、すぐに想起できる人だけではないからだ。

 本書が対象とする時期は、安倍晋三内閣のもとで集団的自衛権の解釈改憲がなされた2015年、また、本来であれば政権が倒れておかしくなかった森友・加計学園問題が起きた2017年を含む。ならば、いかなる批評が展開されたのかと勇んで読めば、そこは橋本、床屋談義や居酒屋政談とは無縁の文章が綴(つづ)られている。自ら「遠い地平を俯瞰(ふかん)的に眺めて、想像力だけを地に下ろし」低い姿勢で時代に対したと述べてい…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1494文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集