メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『椿宿の辺りに』=梨木香歩・著

 (朝日新聞出版・1620円)

 常にさらさら流れている。そんな文章である。会話文が多いが、人と人がべったりしない。クールな敬意ある距離を保つ。きれいな日本語でつづられる和のファンタジーである。

 痛みから全てがはじまる。意表を突かれる。主人公の青年の名は、神話にちなむ山彦。若いのに肩痛や頸椎(けいつい)ヘルニアをわずらう。久しぶりに会った従妹(いとこ)も謎の痛みになやむ。彼女の名は海幸にちなむ海子。

 二人とも激痛をかかえるなんて、これは一族にまつわる痛みでは、と海子がにらむ。それを受け、山彦は先祖…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文517文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです