メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

両横綱、千秋楽V決戦

琴奨菊(左)に寄り切りで敗れた白鵬=ドルフィンズアリーナで2019年7月20日、大西岳彦撮影

14日目(20日・ドルフィンズアリーナ)

 横綱・鶴竜が再び優勝争いのトップに立った。1敗の鶴竜は万全の寄りで関脇・御嶽海を降した。横綱・白鵬は元大関・琴奨菊の一気の寄りに土俵を割り2敗に後退。千秋楽の直接対決で鶴竜が勝てば昨年の夏場所以来6回目の優勝が決まる。白鵬が勝てば鶴竜との優勝決定戦になる。

 2敗で追っていた幕尻の照強は前頭筆頭・北勝富士に突き落としで敗れた。関取最軽量99キロの炎鵬は、妙義龍を力強い寄りで破り、幕内2場所目で初の勝ち越し。

 十両は東6枚目・剣翔が2敗を守り、優勝を決めた。

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです