第101回全国高校野球

地方大会 北北海道 旭川大高、一番乗り 重圧はねのけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (20日)

 ○…「ほっとした」。甲子園一番乗りを決めた北北海道代表の旭川大高の右腕・能登はコースを丁寧に突く無四球で完封し、感涙にむせんだ。周囲からの2年連続の甲子園出場への期待と、昨年のチームと比べ投手力が劣るとの両方の声を意識し続けたといい、「プレッシャーだった」と明かした。重圧をはねのけたエ…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい