メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第4部 裏方ジャパン/2 日本代表通訳・佐藤秀典さん

選手たちにコーチの指示を伝える佐藤さん(右端)

素早く的確に戦術伝え

 日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)ら首脳陣と選手をサポートする通訳の佐藤秀典さん(38)は、正確さと真摯(しんし)な姿勢が評価され、2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会から日本代表の通訳を任されている。

 6~7月の宮崎合宿に参加した選手のほぼ半数が海外出身。練習やミーティングなどあらゆる場面で、言葉による意思疎通は欠かせない。佐藤さんは選手らの感情や言葉に込めた思い、言い回しに合わせて口調や言葉を適切に選んで操る。「言葉が飛び交えば訳す。集中力を高めている」。グラウンドを走り回ることも珍しくない。

 実績を積んだ今でも、試合での緊張感は特別だという。試合前の円陣では、選手全員の視線が注がれる。昨秋…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文921文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです