メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
藤原帰一の映画愛

存在のない子供たち 過酷な世界生きる姿は、自分のことではないのか

 レバノンから届いた映画。専門が国際政治なので、レバノンと聞くと、内戦と難民を考えてしまいます。

 まず、内戦。1975年に内戦が勃発し、国境を接するシリア、そしてイスラエルが軍事介入と占領に踏み切りました。90年に内戦が収束した後もシリアによる占領やイスラエルの再介入など、混乱と緊張が続きます。

 そして、難民。かつては内戦のために国外に難民が逃れていったレバノンが、今度はシリアの内戦のため、難民の流れ込む国になったんです。国連難民高等弁務官がシリア難民と認定したおよそ560万人のうち、93万人近くがレバノンに居住しています。

 この数字だけで胸が潰れますが、国際政治だと出てくるのは数字だけ。でも映画ですと、数字という形で抽象…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです