メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
松尾貴史のちょっと違和感

いい候補者いなくても 「悪い方ではない」方に

松尾貴史さん作

 21日は参院議員選挙の投票日だ。まだ投票に行っていない皆さんは、「いい候補者」「いい政党」がなくとも、「悪い方ではない候補者」「悪い方ではない政党」に、それぞれ1票を投じていただきたい。

 今回の選挙戦を振り返ってみると、選挙は公平であるべきだけれど、潤沢に広告料を支払える政党は、テレビで朝から晩まで繰り返し自党の広告を流して、「迷ったから、なじみのある政党に」という確実にいる層にアピールし続けていた。こういう運動はかつて規制されていたように思うのだが、私の記憶違いなのだろうか。あまりにも特定の党のCMばかりが流れるので、違和感が半端ではなかった。

 ある選挙区では、複数出ている野党の候補の片方に、それまで与党を推していた企業が、組織ぐるみで「支援…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1315文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです