メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暁星3大会ぶり12回目優勝 競技かるた高校選手権 ちはやふる人気

 高校かるたの日本一を決める「小倉百人一首競技かるた第41回全国高校選手権大会」の団体戦が20日、大津市神宮町の近江神宮近江勧学館を中心に市内5カ所で開かれた。1979年に参加校8校から始まった大会だが、教育現場で百人一首の活用が広がったことや、女優の広瀬すずさん主演で実写映画化もされた漫画「ちはやふる」の人気の高まりから、競技人口が年々増加。今年の予選には全国で計386校が参加し、本大会には高知を除く各都道府県の代表61校が集った。

この記事は有料記事です。

残り1752文字(全文1971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです