メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
エンタメノート

「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない

記者会見で謝罪する宮迫博之さん(左)と田村亮さん=東京都港区で2019年7月20日、竹内紀臣撮影

 宮迫博之さんと田村亮さんの20日の会見で、世論の風向きは一気に変わった。会見までのバッシングが、まるでウソのように。

 宮迫さん、田村亮さんは会見で誠実に謝罪した。十分に被害者に通じただろう。今後、宮迫さんに新たな問題が起きなければ、将来、芸能界に復帰できる可能性も残されていると感じた。

 一方、宮迫さんらに続いていたバッシングは、逆に吉本興業に向けられている。21日、異例の生放送となったフジテレビ「ワイドナショー」で、松本人志さんは、ツイッターで寄せられた視聴者の意見を紹介しながら、ダウンタウンのマネジャーだった岡本昭彦氏が社長を務める吉本に対し「このままじゃホントに壊れていく、つぶれていくのではないかという危機感を持った」「芸人ファーストじゃないといけない」など、歯に衣(きぬ)着せぬ言葉で批判した。

この記事は有料記事です。

残り2606文字(全文2961文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです