メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部、記録的大雨 久留米などで24時間あたり300ミリ超記録

 台風5号に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、九州北部は20日から21日にかけて大雨となった。福岡県久留米市や佐賀県鳥栖市では24時間あたり300ミリを超える観測史上最大の雨量を記録し、床上浸水や道路などの冠水が相次いだ。九州北部の大雨はピークを越えたが、雨で地盤が緩んでいるため、気象庁は引き続き土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、九州北部で積乱雲が重なって局地的な大雨をもたらす「線状降水帯」が発生。24時間の雨…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです