メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎鵬に技能賞 遠藤も 鶴竜優勝の大相撲名古屋場所 殊勲賞は友風

優勝を果たし賜杯を手にする鶴竜(左)=ドルフィンズアリーナで2019年7月21日、大西岳彦撮影

 鶴竜が白鵬との横綱対決を制し、14勝1敗で昨年夏場所以来7場所ぶり6回目の優勝を果たした。三賞は、殊勲賞が13日目に横綱初挑戦で鶴竜に勝つなど11勝した友風。敢闘賞は幕尻ながら終盤まで優勝争いに絡み12勝を挙げた照強。技能賞は遠藤と炎鵬が受賞した。

 友風 (4大関休場もあって巡ってきた13日目の鶴竜戦で勝利し、殊勲賞)決していい相撲ではなかったが、いろんな運が重なって挑戦できた。恵まれていた。

 照強 (幕内3場所目で初の三賞となる敢闘賞)すごくうれしい。今場所は当たって押していける強みが出て…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 奈良・三宅町の森田町長、育児で時短勤務へ

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. NATO 宇宙を作戦領域に 兵器配備は否定

  5. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです