メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
幕下が面白い

若手戦国時代続く 自分見つめ「切磋琢磨」 番付上位へ

青狼に敗れて4勝3敗で名古屋場所を終えた琴手計(右)=名古屋市中区のドルフィンズアリーナで2019年7月21日、藤田健志撮影

 大相撲名古屋場所千秋楽(21日・ドルフィンズアリーナ)、元横綱・大鵬の孫、西幕下6枚目の納谷(19)と埼玉栄高の同期だった東8枚目の琴手計(19)、西7枚目の塚原(19)が最後の一番に臨んだ。

 すでに勝ち越しを決めている琴手計は東筆頭の青狼(30)との対戦だった。相手の引きに乗じて前に出ようとしたが、のど輪で攻め込まれ、最後は押し出された。「自分の流れに持っていけなかった」と反省した。

 今場所前半は188センチ、155キロの恵まれた体格を生かして初日から3連勝。1敗後に勝ち越しを決め…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文769文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです