メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白鵬、優勝逃すも「ここまで戦い、自分を褒めたい」

白鵬(左)を寄り切りで破った鶴竜=ドルフィンズアリーナで2019年7月21日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所千秋楽の21日、2場所ぶり43回目の優勝を狙った白鵬は鶴竜に敗れ「精いっぱいぶつかり合いました」とさばさばした表情だった。1差で追う立場だっただけに、逆転優勝には本割と優勝決定戦での連勝が必要だったが、かなわなかった。全勝優勝した3月の春場所で右腕を負傷。夏場所を全休して今場所に臨…

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです