メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「鬼門」名古屋で初制覇 鶴竜、素直に「うれしいね」

白鵬(左)を寄り切りで破った鶴竜=ドルフィンズアリーナで2019年7月21日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所千秋楽の21日、けがとの闘いを乗り越えて、鶴竜が初めて名古屋を制した。表彰式に向けて支度部屋で大いちょうを直す間も肩で息をしながら、「名古屋で優勝というのはうれしいね」。生真面目な横綱が、この日ばかりは素直に喜びを表した。

 星一つリードして迎えた横綱決戦。立ち合いでいきなり白鵬十分の左上手を許した鶴竜は、「なるべく動いた」。左を巻き替えて右を上手に変え、左四つ右上手になると、いったん動きが止まる。白鵬がおっつけで上手を切りに来ると、鶴竜は右を巻き替えて双差しになり前へ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです