メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

亮に表れた「うやむやにはできない覚悟」 危機管理広報コンサル分析(スポニチ)

[PR]

 「闇営業」問題で、お笑い芸人宮迫博之(49)と田村亮(47)が20日、約2時間半の謝罪会見を行った。

 危機管理広報コンサルティング会社「エイレックス」の江良俊郎社長は、2人の会見を見て「明瞭な言葉で包み隠さず話している印象を受けた。謝罪したい、本当のことを明かしたいという気持ちが伝わってきた」と感想を述べた。特に会見の中で「契約解除してほしい」と話した亮について「吉本興業に不信感を募らせ、このままうやむやにはできないという覚悟を感じた」という。

 ネット上では金髪のまま出席したことへの違和感を指摘する声もあったが、江良氏は「変に取り繕うよりはいい。黒いスーツにネクタイ姿だったので大きな問題はない」とした。「一方的な主張なので真実はまだ分からない」としながらも「吉本興業は不利な立場になった」との見方を示した。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです