メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
WEB CARTOP

コンパクトを感じさせない存在感! 新型メルセデス・ベンツAクラスセダンが登場

情報提供:カートップ

コンパクトを感じさせない存在感! 新型メルセデス・ベンツAクラスセダンが登場

話題の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」も搭載

 メルセデス・ベンツ日本は、人気のコンパクトハッチバック Aクラスをベースにした「Aクラスセダン」を発表。7月22日より予約注文の受付を開始した。なお、納車開始はA250 4MATICが9月ごろ、A180ならびにA180Styleは2019年末ごろを予定している。

 Aクラスセダンは、現行AクラスやBクラスで採用している、最新の前輪駆動シャシーをベースに開発したコンパクトセダン。エクステリアは「Sensual Purity(官能的純粋)」というメルセデス・ベンツの基本思想に基づいており、ラインやエッジを大幅に削減した輪郭となっている。

Aクラス

 AクラスやBクラスと同様に、横長のヘッドライトや低く構えたフロント周りを踏襲しスポーティなシルエットを与えている。リヤもワイド感を強調する2分割型のコンビネーションランプを採用した。このシルエットは見た目だけではなく、Cd値0.22、前面投影面積2.19平方メートルを達成し、世界で販売されている量産乗用車のなかでも最高の空力性能となっている。

Aクラス

 インテリアは、Aクラスを踏襲している。ダッシュボードのインストゥルメントクラスター上方のカウルを廃止。そこへワイドスクリーンディスプレイを配置したことで、よりワイド感を演出したコクピットまわりとなっている。5つのエアアウトレットはジェットエンジンのタービンをイメージしているという。

Aクラス

 コンパクトながら前後オーバーハングを切り詰め、ロングホイールベース化したことで広い室内空間を実現。大人4人が快適に過ごせる室内空間を実現している。また、トランクスペースは420Lを確保し、リヤシートの4:2:4分割可倒式によって広々とした収納スペースを可能とした。

Aクラス

 パワートレインは2種類が用意され、A180系には最高出力136馬力(100kW)/最大トルク200N・mを発生する1.4Lエンジンを搭載。A250 4MATICに搭載する2L直4ターボは、最高出力224馬力(165kW)/最大トルク350N・mを発生する。組み合わせるトランスミッションは、どちらも7速デュアルクラッチトランスミッションだ。

Aクラス

 もちろん、話題の対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」を搭載。目的地入力や電話通話はもちろん、空調の温度設定など便利機能にも対応している。人工知能による学習機能も有しており、ドライバーの好みなども学習してくれる。

 もちろん、安全装備も抜かりはない。Sクラスと同等のシステムをオプションとして設定している。自動緊急ブレーキや車線維持機能、斜め後ろの死角にいる車両との衝突回避機能を搭載。渋滞時の自動再発進機能や、アクティブレーンチェンジアシストなど高速道路でのドライブに役立つ機能も備えている。

 また、今回の発売を記念して、A250 4MATICをベースにした特別仕様車「Edition 1」を設定している。ポーラーホワイトの車体色にコッパーアクセント入りブラックダイヤモンドグリルや19インチAMGマルチスポークアルミホイールを採用。フロントフェンダーには専用バッジを装備している。

Aクラス

 インテリアはエクステリアに合わせ、シート/ダッシュボード上部/ドアトリムやフロントアームレスト、フロアマットに専用のコッパーステッチがあしらわれている。

Aクラス

 安全運転支援システムは、レーダーセーフティパッケージやナビゲーションパッケージ、360度カメラシステム、ヘッドアップディスプレイやアドバンスドサウンドシステムを含んだ「アドバンスドパッケージ」を標準装備。Aクラスセダンの魅力を存分に引き出した1台に仕立てられている。

メーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。
A180            344万円
A180 Style         386万円
A250 4MATIC        476万円
A250 4MATIC Edition 1 582万円


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです