メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
WEB CARTOP

アストンマーティンの1000馬力ハイパーカー「VALHALLA」が日本初公開! 公道走行可能な空力の怪物

情報提供:カートップ

アストンマーティンの1000馬力ハイパーカー「VALHALLA」が日本初公開! 公道走行可能な空力の怪物

公道走行が考えられたハイパーカーが誕生

 アストンマーティンは2019年7月22日、東京・アストンマーティン青山ハウスでミッドエンジン・ハイパーカー「VALHALLA(ヴァルハラ)」を日本で初公開した。世界限定500台で2021年末よりデリバリー開始予定だ。

 このクルマはヴァルキリー、ヴァルキリーAMRプロに続く第3のアストンマーティンのハイパーカーだ。ヴァルキリーのエッセンスを注入し、アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーとの共同で開発されるが、ヴァルキリーとはまったく違った、独自のクルマに仕上がっているという。空力の鬼才として有名なF1デザイナー、エイドリアン・ニューエイの手も加わったモデルだ。

ヴァルハラ

 ヴァルキリーとの一番の差は、公道走行に適した利便性・快適性を持ち合わせているところだ。

 コックピットはヴァルキリーよりもゆとりのある広さで、ステアリング、ペダルをはじめとするキャビン全体のエレメントはドライバーを中心に整列されている。また前方へ開くLMP1スタイルのドアを採用し、ルーフセクションもドアと同時に持ち上がる仕様は、乗り降りのしやすさに貢献している。

ヴァルハラ

 加えて、実用性を確保するために一定の譲歩は強いられたものの、一切の妥協を排して開発したとメーカーは語る。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです