メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

アストンマーティンの1000馬力ハイパーカー「VALHALLA」が日本初公開! 公道走行可能な空力の怪物

情報提供:カートップ

アストンマーティンの1000馬力ハイパーカー「VALHALLA」が日本初公開! 公道走行可能な空力の怪物

公道走行が考えられたハイパーカーが誕生

 アストンマーティンは2019年7月22日、東京・アストンマーティン青山ハウスでミッドエンジン・ハイパーカー「VALHALLA(ヴァルハラ)」を日本で初公開した。世界限定500台で2021年末よりデリバリー開始予定だ。

 このクルマはヴァルキリー、ヴァルキリーAMRプロに続く第3のアストンマーティンのハイパーカーだ。ヴァルキリーのエッセンスを注入し、アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーとの共同で開発されるが、ヴァルキリーとはまったく違った、独自のクルマに仕上がっているという。空力の鬼才として有名なF1デザイナー、エイドリアン・ニューエイの手も加わったモデルだ。

ヴァルハラ

 ヴァルキリーとの一番の差は、公道走行に適した利便性・快適性を持ち合わせているところだ。

 コックピットはヴァルキリーよりもゆとりのある広さで、ステアリング、ペダルをはじめとするキャビン全体のエレメントはドライバーを中心に整列されている。また前方へ開くLMP1スタイルのドアを採用し、ルーフセクションもドアと同時に持ち上がる仕様は、乗り降りのしやすさに貢献している。

ヴァルハラ

 加えて、実用性を確保するために一定の譲歩は強いられたものの、一切の妥協を排して開発したとメーカーは語る。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです