メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
動き出す仏たち

活用の時代に 「撮影OK」展覧会 SNSで拡散、動員に貢献

和歌山県立博物館の特別展「仏像と神像へのまなざし」の会場では、来場者が熱心に像を撮影していた=和歌山市で2019年5月30日、花澤茂人撮影

 まるで芸能人の囲み取材だった。スポットライトを浴びる1体の仏像の周りを数十人の老若男女が取り囲み、スマートフォンで撮影する。像を背に「自撮り」する姿も。スタッフが「フラッシュはおやめください」とささやいて回った。

 6月2日まで東京国立博物館(東京都台東区)で開催された特別展「国宝 東寺 空海と仏像曼荼羅(まんだら)」。特別展は撮影禁止とされることが多いが、今回は目玉の一つ、帝釈天騎象像(平安時代、国宝)だけ許可された。仏像好きの間で「イケメン」の代表格とされる像だ。

 東寺(京都市南区)では帝釈天を含む仏像は撮影禁止だ。「レンズを通すと単なる対象になる。目で見て心で…

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1431文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです