メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

芥川賞・直木賞 女性作家ら実力示す 選考過程を振り返る

芥川賞に決まった今村夏子さん(右)と直木賞の大島真寿美さん=東京都千代田区で2019年7月17日、藤井達也撮影

 第161回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日に開かれた。芥川賞は今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(『小説トリッパー』春号)、直木賞は大島真寿美さん(56)の『渦 妹背(いもせ)山(やま)婦女(おんな)庭訓(ていきん) 魂結(たまむす)び』(文芸春秋)が選ばれた。女性作家の候補作が目立った選考過程を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1510文字(全文1681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 新型コロナウイルス問い合わせ先 /群馬

  5. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです