メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

歴史的名器の音色 青柳いづみこ(ピアニスト・文筆家)

 トランプ米大統領が来日した際、安倍晋三首相と共同会見を行ったのが迎賓館赤坂離宮の羽衣の間。青空を模した天井画、豪華なシャンデリア。まるでフランスの王宮にいるような錯覚を起こす。

 7月4日、この素晴らしい空間で1906年エラール製のグランドピアノを弾く機会があった。リストが愛したエラールは、ショパンが愛したプレイエルと並ぶフランスの名器。1821年に、連続した打鍵が可能になるメカニズムを開発して、現代のピアノのもとを作った。

 迎賓館のエラールは、1908(明治41)年に宮内省(現宮内庁)が3515円85銭2厘で購入したもの…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです